MENU

赤ワインのカロリーはどれくらい?他のお酒との比較や1日あたりに飲んでいい量も紹介

「普段、赤ワインをよく飲むけど、カロリーはどれくらいなのだろう?体型に影響しないか気になる」
「これから毎日飲むお酒を赤ワインにしようと思っているけど、カロリーが高いならやめておきたい」

体型や健康のことを考えると、食べ物・飲み物には人一倍気を使います。特にお酒は「飲みすぎると太る」というイメージを持っている方も少なくないでしょう。

では、赤ワインのカロリーはどれくらいなのでしょうか。他のお酒と比べて高いのでしょうか。本記事で解説します。

目次

赤ワインのカロリー

赤ワインのカロリーは100 ml あたり73〜75 kcal ほどです。ワインボトル1本分だと547 〜 562 kcal(小数点以下切り捨て)になります。白ワインもだいたい同じくらいのカロリーです。

後ほど詳しく解説しますが、このカロリーは他のお酒と比べると低めであることがわかります。

ちなみに、ロゼワインのカロリーは100 ml あたり77 kcal 。スパークリングワインは 100 ml あたり100 kcal ほどが目安。赤ワイン、白ワインと比べるとやや高めです。

ただしカロリーはワインの品種によって異なるため、ここで紹介した数値は目安とお考えください。

他のお酒のカロリー・糖質と比較

ワインが他のお酒と比べてカロリーおよび糖質が高いのかどうか見てみましょう。

以下は、よく飲むことの多いであろうお酒との比較表です。100 ml あたりのカロリー、糖質をまとめました。

お酒の種類カロリー( 100ml あたり)糖質( 100ml あたり)
赤ワイン・白ワイン73 〜 75 kcal約1 . 5 g
ロゼワイン約77 kcal約4 . 0 g
スパークリングワイン約100 kcal約2 . 0 g
ビール約40 kcal約3 . 1 g
焼酎144 〜 163 kcal0 g
日本酒約102 kcal約3 . 6 g
ウイスキー234 〜 237 kcal0 g

他のお酒と比べて、赤ワイン(白ワイン)はカロリーも糖質も低めであることがわかります。

体型が気になっている方や、飲み過ぎで太りたくない方にとって、ワインはおすすめなお酒と言えるでしょう。

赤ワインは1日グラス2杯を目安に

厚生労働省は、1日あたりのアルコール摂取量について「平均で純アルコール20gほど」を推奨しています。

e-ヘルスネット 情報提供
飲酒のガイドライン 厚生労働省の示す指標では、節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールで20g程度の飲酒ということになります。また女性や高齢者、飲酒後にフラッシング反応を起こす人は、こ...

赤ワインではグラス2杯程度(200 ml )となります。カロリーや糖質が低い赤ワインといえど、飲みすぎると健康に影響が出る恐れがあるので注意しましょう。

もし赤ワインをボトル1本飲むと、およそ550 kcal 前後。白ごはんに換算するとお茶碗2配分以上です。これを毎日飲んでいたら、カロリーの摂り過ぎになってしまいます。

ワインを毎日飲むなら少しずつ楽しむのがおすすめです。

赤ワインと一緒に楽しむ食事にも注意

「赤ワインをそんなに飲んでいないのに太った」と感じる方は、ワインだけでなく一緒に食べている食事にも注意してください。

ワインは食事と一緒に飲むととても美味しく感じる一方、つい食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。しかも赤ワインにはお肉やチーズなどカロリーの高い食材がよくマッチするため、気づくと摂取カロリーが多くなってしまうことも。

つまり太った原因は赤ワインではなく、食事の方にある可能性が考えられます。食事の量や内容を見直して、カロリーを下げるようにしてみましょう。

赤ワインはカロリーが低めなお酒

他のお酒に比べ、赤ワインはカロリーが低めのお酒であることがわかります。

「体型が気になってきたけど、お酒は好きだから飲み続けたい」という方は、これまで飲んでいたお酒をワインに切り替えるのもおすすめです。

ただし飲み過ぎたり、一緒にご飯を食べ過ぎたりすると肥満の元になりやすいので、分量には気を配りましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めて赤ワインを飲んだ時に苦手意識を感じ。克服するまで3年かかりました。今では美味しく飲めています。ワインが苦手な方、飲み慣れていない方でも楽しめるサイトを目指し、記事を更新していきます。

目次
閉じる